にきびが出来た人なら誰でも知っていると思いますが、にきびの芯。


これは毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化して固まったものですが、にきびの芯と呼んだりコメドというような呼び方をしています。


にきびを手でつぶした場合には、少し硬い棒のようなものが出てくると思いますが、これがにきびの芯です。


にきびの芯は、皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーが行われていないことによって、固く古くなった角質が原因で毛穴に詰まるといわれています。


本当ならば代謝によって肌の外に出るはずの角質がそのまま毛穴に居座ることで、にきびの芯が出来てしまっているのです。


にきびの芯が出来てしまっているということは、毛穴が汚れて詰まっていることの証拠です。


にきびの芯が出来ている周りというのはにきびが出来やすい環境でもありますので、十分なケアが必要です。


にきびの芯は取り出さないとなかなか治らないといわれていますが、にきびの芯を間違った方法でつぶして出すというのは、にきび跡を作る原因にもなりますので、十分に注意しましょう。


自分でにきびの芯を取り出す方法としては、あまりやってはいけないのですが、患部を清潔に保った上で、面庖圧子と呼ばれるにきび取り専用の器具がありますので、これを使います。


この治療器具を使いにきびの芯を出した後は患部に、細菌がたまらないようにするためにも、清潔にして軟膏などを面貌につけて塗るようにしましょう。


手で塗ってしまうと手についた最近が患部に入り化膿する可能性があるので注意しましょう。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび