白にきび

白にきびというのは、角質層の機能が低くなっているところによくできるといわれているのですが、一体どこだと感じますか。

外から刺激を受けやすい部分が白にきびが出来やすいとされているのです。

たとえば、背中にできる白にきびが悩みだという人もたくさん存在するのではないかと感じます。

背中にも白にきびはよくできるとされてます。

その原因は人によっても色々なのであるのですが、多くの時が、ストレスが原因であったり、疲れ、生活習慣の乱れなどが原因で白にきびが出来やすいとされてます。

特に女性は、ホルモンバランスが崩れやすい生理前、生理後に白にきびが出来るのです。

生理前には黄体ホルモンがたくさん分泌しますが、背中にたくさんの白にきびが出来てしまうのです。

黄体ホルモンというのは、男性ホルモンのようなもので、男性で白にきびが出来やすいのは口の周りとされてます。

しかしどちらかというと、白にきびは男性よりも女性の方に出来やすいとされていて、やっぱり女性の時には環境の変化やホルモンバランス、そしてストレスが大きな原因とされてますから、それらを改善することによって白にきびを減らしたり改善させることが出来るのではないかと感じます。

あごや背中のにきびの多くが白にきびであるのです。
posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび