抗生物質

にきび治療のために皮膚科などへ行くと抗生物質が処方されるというケースも多いと思います。


にきび治療では抗生物質を使う方が早く治るのでしょうか。


病院でもらった場合の抗生物質は塗り薬と飲み薬の両方を処方されることが多いといわれていますが、飲み薬を飲んで体の内側からにきび治療をすることが一般的です。


なぜ抗生物質を飲むことでにきびが治るのか、それは抗生物質というのは、そもそも菌を殺す働きがありますから、にきびの原因になっている雑菌を抗生物質を飲むことで、体の中から殺してしまおうという方法で治療を進めていくのです。


にきび治療で抗生物質を飲むという場合には、テトラサイクリン系の抗生物質を使うことが一般的です。


テトラサイクリン系の抗生物質は殺菌作用以外にも、延焼を鎮める効果、そして皮脂の分解作用もありますので、にきび治療にとても効果的です。


ほかにもセフェム系の抗生物質や、マクロライド系の抗生物質なども利用されることが多いですが、抗生物質を使ってのにきび治療は、治療効果はかなり早いですし、強い薬ですので短期間で効果が表れるというメリットもありますが、副作用が出る人も多いといわれています。


たとえばにきび治療のために抗生物質を使ったことで、めまいや下痢の症状が現れた人もいます。


また短期間でにきびが治ったと思って、抗生物質を飲むのをやめたら、またにきびが再発してしまったという人も多いので、抗生物質を用いる場合にはしっかりと注意して医師に相談しましょう。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび