にきびと抗生物質

にきびが出来てそれを治療しようと思って、抗生物質を飲んだり塗ったりする人がいるのですが、実はそれはにきびを長期化させたり、また出来やすい環境にさせる原因とも言われているのです。

抗生物質というのは体に副作用を起こします。

にきびが出来たからと言って、抗生物質を飲むというのはできる限り避けたいことであるのです。

もしも、にきび治療に抗生物質を飲むことになったとしても、できるだけ短期間での服用にして、長期間飲み続けることのありませんようにしましょう。

抗生物質が効かないにきびもあるのですから、できるだけ抗生物質の服用は避けるべきであるのです。

今までににきびが出来て抗生物質を飲んでいたという人は、やめることによって、治りが遅くなることも言われているのです。

自然治癒に比べると2倍以上も時間がかかることもあるのです。

抗生物質をやめるとリバウンドしてまたにきびが出来やすくなったり、時によっては異常な数のにきびが出来るということもあるのですから、注意しましょう。

抗生物質を長い期間飲んでいた人が突然やめて、にきびを治療するという時には、リバウンドしやすいので、長い目で見ると抗生物質を飲んだり塗ったりして、にきびを治療するというのは、あまりいい方法ではないといえます。
posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび