思春期のにきび

思春期にはどうしてもにきびが出来てしまいやすいという印象を受けますが、それはだいたい10代後半から20代前半にかけてとされてます。

ですので、思春期だけがにきびが出来やすいというわけではないかもしれませんね。

にきびが出来やすい人というのは、体質もあるのですが、たとえばホルモンが成長している思春期というのは皮脂の分泌が活発に行われているのです。

ですから、そのために顔がてかったり、脂っこくなったりしやすくて、にきびが出来やすいといわれているのです。

にきびの原因というのは、思春期にかかわらず、毛穴の中に詰まった菌が原因であるのです。

特に思春期のにきびは膿になりやすいので注意しましょう。

思春期のにきびを予防する方法としては、ビタミンBを豊富に含んでいる食べ物をたくさん食べるということや、肌を強くすること、バランスのいい食事を食べることなども効果的であるのです。

ビタミンBはサプリメントなども販売されているのですから、サプリメントで補うのもいいかもしれませんね。

思春期のにきびは、どちらかというと顔を中心にできますから、それがコンプレックスやストレスに感じる人も多く、ストレスがまたにきびを悪化させることにもなりますから、この悪循環を止める必要があるのです。
posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび