首にきびというのはあごのラインから、首の周りに出来てしまうようなにきびのことを言います。


首にきびの特徴としては、少し固めでにきびを押してみるとしこりがあるような赤くはれているにきびになるということが特徴です。


特に思春期の頃にできるというよりは、20代以降に出来やすいといのが特徴です。


思春期にきびではなくて、大人ニキビの一つです。


首というのは顔と比較してみると、それほど皮脂線は多くないのですが、一度できてしまうとなかなかにきびが治らないのが特徴です。


個人差があるのですが、悪化してしまった場合には色素沈着にもなりますし、にきび跡が残ってしまうという人も多いといわれています。


なぜ首にきびはできるのでしょうか?


その原因も人それぞれあるといわれているのですが、ストレスや仕事などの環境を受けやすいといわれていますし、また過剰に脂分を摂取していることが原因とも言われています。


ストレスというのは首にきびに限らず、あらゆる部分のにきびを出来やすくする傾向にあるといわれています。


他にも首にきびができる原因としては顎から首の部分というのは意外と汗を普段からかきやすい部分でもあります。


運動をする時でも気温によっては首に汗をかくことは多く、汗をかいたままにしておいた結果にきびの原因になっているのです。


首にきびの治療法としてはできるだけ早めに対処するということが大切です。


治療法としては抗生剤の投与やレーザーなどの治療が一般的です。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび