鼻にきびというのは鼻にできるにきびのことを言うのですが、鼻の上にできたり、横にできたり下にできたりいろいろです。


鼻の表面にできるようなにきびの場合には塗り薬を使って治療をすることが可能ではありますが、鼻の穴に出来てしまうにきびの場合には塗り薬を塗るだけではなかなか治療はできません。


そもそも鼻にきびの原因というのは何でしょうか。


鼻にできるにきびの原因は皮脂が過剰に分泌してしまうことによって鼻にある毛穴が詰まったことによってできてしまいます。


一般的なにきびと同じ理由で、悪化してしまった場合には毛穴の中にいるアクネ菌が炎症を起こして膿をもつようなにきびになってしまう可能性もあります。


皮脂の過剰分泌が原因ではありますが、それ以外にも鼻にきびの原因はホルモンバランスが崩れていることも原因といわれています。


思春期にできるにきびとして出来やすいといわれています。


思春期は自然とTゾーンとよばれるおでこから鼻の部分に皮脂が過剰分泌しやすいといわれているので、このことから鼻にきびが出来やすいといわれているのです。


成長ホルモンが過剰に分泌することがホルモンバランスの崩れにつながるので、一時的なものとして鼻にきびができるといわれています。


鼻にきびを治療する方法としては皮脂に分泌を抑えたり、Tゾーンの皮脂をこまめに洗顔をしたりして、清潔に保つことも大切です。


毎日の鼻のにきびの予防法として正しい洗顔をするということも大切なことになるのではないでしょか。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび