洗顔法

にきびのための正しい洗顔法について紹介したいと思います。


洗顔をするためのまず流れとしては、ヘアバンドやヘアキャップなどをして前髪が落ちてこないようにします。


そして顔全体を出すようにして、ちゃんと生え際や耳の前まで洗えるように準備しましょう。


温度はできれば集めのお湯で40度くらいのお湯を用意してタオルにつけてください。


このタオルを軽く絞った状態で、まずは蒸しタオルにして、毛穴を開ける必要があります。


だいたい2−3分ほど蒸しタオルをしてから洗うことで毛穴が開くので毛穴の中の汚れまですっきりと洗い流すことができるのです。


そして洗顔をする際のぬるま湯というのはだいたい35度くらいから40度くらいまでにして何もつけずに素洗いをしましょう。


最初にこの素洗いをするということがポイントになってきます。


そのうえで次にぬるま湯で手を濡らして石けんをつけるのですがかなり十分に泡だてましょう。


そして洗う順番がありますが額からこめかみ、そして眉毛から鼻、目の周りからほほと口、そして顎と首筋の順番に洗っていきます。


ぬるま湯で洗い流す場合はしっかりと石けんが残れないようにするためにたっぷりとお湯を使って洗います。


そして洗ってから一度洗い残しがないかどうかをチェックして完全に脂分がとれているかどうか指で確認します。


これでにきび予防になる洗顔方法の紹介は終わりなのですが毎回このように時間をかけて洗顔をするだけでにきびを予防することができるのです。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび