生理前

生理前ににきびができやすい人や増えてしまうという人は意外と多いと思います。


またもともとにきびがあったという人も生理前になると悪化するという人もおおいと思います。


生理前になるとなぜにきびというのは増えてしまうのでしょうか?


また出来やすくなる理由は何でしょうか。


生理前ににきびができやすい理由の一つとしてはホルモンが関係しています。


生理というのは女性ホルモンのバランスで月に1回動いています。


生理前によくにきびができてしまうというのはホルモンの内の黄体ホルモンと呼ばれる種類のホルモンが増えることによって出来やすくなるといわれているのです。


黄体ホルモンといのはどちらかというと男性ホルモンにとてもよく似ている働きがあるホルモンとして知られています。


にきびにホルモンが関係しているのは男性ホルモンですがそれによってにきびが出来やすい肌になってしまうのです。


そして生理前でにきびができやすい時というのは、それに加えて皮脂の分泌が活発になるということもあります。


皮脂の分泌が活発になっているということは食事に気をつけなければ脂っこい肉料理や揚げ物などを食べていたのではにきびがさらに増えてしまうのです。


にきびに関係しているホルモンというのは、このように食生活にもストレスにもすぐに影響が出ますからこれらについても見直す必要があります。


生理前のにきびを対処する方法は生活習慣、食生活の見直しと、ストレスをためないことです。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび