原因

にきびの原因はひとつではありません。


にきびといっても種類が色々とありますので、にきびの原因も色々あるのです。


にきびの原因としてあげられることとしては、遺伝がまず一つ考えられます。


両親や兄弟などがにきびができやすい場合には、自然に遺伝してにきびが出来てしまいます。


そして血液中の男性ホルモンの数値が高い人もにきびになりやすいといわれています。


古い角質が顔にたまってしまって角質が分厚くなれば、それもにきびの原因になります。


にきびの原因として多いのは、アクネ菌が急に繁殖することも原因といわれています。


日常生活の習慣でもにきびの原因は色々と潜んでいて、ストレスが原因でにきびができる人、疲れがたまっている人、そして不摂生をしている人や、化粧品が自分の肌に合っていないという人など、色々な生活習慣が原因を引き起こしているというケースもあります。


最近は便秘も体の中の老廃物が溜まってしまっていることで、にきびができるのではないかという話もありますので、原因が便秘である人もいます。


洗顔を十分に行えていない場合には、毛穴に汚れが詰まってしまい、それが菌を増殖させる原因にもなりますので、洗顔不足も考えられます。


にきびはできる位置や、できる種類によっても原因が違っていますし、人それぞれ違った原因があります。


原因を探ったうえで、それに合った治療をしなければ、にきびを解消することはできませんので、まずは原因を見つけることが大切です。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび