治療

にきび治療として、病院や皮膚科へ行くという人は実は少ないといわれています。


ただのにきびだからと、甘く考えていると、なかなかにきびが治らなかったり、にきびが悪化することもありますので、十分な注意が必要です。


にきび治療の方法として、荒療治をしている人も多いのではないでしょうか。


たとえば白くて芯のあるようなにきびが顔にできている場合に、無理に爪を使って表面をつぶして、中の芯を出してしまってにきび治療を自分で行う人がいますが、そんなことは絶対にやってはいけません。


皮膚科に行って実際ににきび治療を受けたことがある人は、病院でも同じ治療をしていると思うかもしれませんが皮膚科での治療は、つぶすといっても専用の器具を使いますし、清潔に消毒をしてから行います。


自分で爪を使ってしまいますと、肌を傷つけることになりますから、肌にダメージを与えることになり、それだけでなく、患部にバイ菌が入ってしまったという場合には、化膿する場合もありますので注意が必要です。


にきび治療を行う場合には、自分で行う方法もあり、その際も専用の器具を使って行うことになりますので、その点を十分理解して行いましょう。


間違ったにきび治療をしてしまうと、先ほども言ったように、悪化してしまう可能性もありますので十分に注意しましょう。


一番いいのは、にきび治療を皮膚科で受ける、専門の機関で受けるということがいいでしょう。


自分のにきびの原因に合わせて治療を行うこと、それが一番です。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび