にきび跡

にきび跡は一度できてしまうと、なかなか治療するのが難しいといわれています。


特に大人にきびとよばれている種類のにきびになると、肌のターンオーバーがだんだん促進されなくなりますので、にきびができても、昔なら肌サイクルが活発に行われるために、すぐに消えていたのに、くっきりとにきび跡が残ってしまう人が多いといわれています。


にきび跡をケアする方法も色々とあるのですが、重度のにきび跡になると、なかなか自分でケアするのは難しくなります。


一番いいこととしては、にきびができたら、すぐに対処して、悪化させず、できるだけにきび跡が残らないようにするということが一番大切なことです。


にきび跡ができてしまったのに、そのままにしておくと、一生消えないこともあります。


にきび跡でひどいものになると、クレーターのように、肌をえぐり取った形で穴があいているような人も見かけます。


一度そうなってしまうと自分ではケアできないので、本当に気をつけなければいけません。


にきび跡をこれから治療したいと思っている人は皮膚科へ行ってみてもらう、美容外科などでにきび跡のための治療を受けるというのがいいと思います。


にきび跡を治療するためのレーザー治療などを行っている美容外科などもあります。


できるだけにきびができた場合でも、悪化させないように、早めにケアして治療を行うこと、それが一番大切なことですが、それができずににきび跡に悩む人はとても多いといわれています。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび