あごにきび

あごにきびは、思春期の時にできてしまったにきびに比べると、大人になってから、できた大人にきびに多い種類だといわれています。


あごにきびは顔の中心部分にとても近い部分のにきびですから、下手に触って悪化させると大変ですし、なかなか隠すこともできずに、治療に困っている人も多いと思います。


あごにきびの原因として考えられるのは食生活の乱れ、生活習慣の乱れ、ストレスがたまっていることが原因ではないかといわれています。


ホルモンのバランスが崩れた場合にもあごにきびができやすいともいわれています。


女性の場合には1か月のうちにホルモンのバランスは変化しますので、生理前などにあごにきびができやすいともいわれています。


そしてあごにきびの原因として洗顔料がきれいに落とし切れていないということもあるとされています。


ほほやおでこなどは、綺麗にすすいでいるという人も、あごをすすぎ忘れるというケースが多く、それがあごにきびの原因になるといわれているのです。


あごにきびを予防するためには、洗顔をする際に綺麗にすすぐこと、そしてほかのにきびと同じように、食生活の栄養バランスを考えることや生活習慣をしっかりと整えること、それが大切なことになると思いますから十分に注意しましょう。


あごにきびが男性ができることもよくありますが、ひげそりの際に苦労をすると思いますので、早めの治療が大切ですし、肌に刺激を与えずにひげをそることも必要になってきます。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび