白にきび

白にきびは出来たことが多い人も結構いるのではないでしょうか。


白にきびは、にきびの段階の中でも一番最初の段階といってもいいと思います。


白にきびができる原因は、肌が汚れていたりして、古い角質が増えることで、毛穴がつまりできるといわれています。


毛穴が詰まってしまうと、皮脂が毛穴の中に詰まりますので、それが盛り上がり、白いにきびになります。


白にきびは別の名雨で閉鎖にきびと呼ばれていることもあります。


白にきびの原因が皮脂が詰まったことにあるということは、汚れをきれいにして、毛穴の中の汚れもきれいに取り除くことができれば、原因を取り除くことができます。


女性の場合にはきれいにメイクを落として、洗顔も毛穴の奥まで行うようにすることが大切です。


日々いい加減な洗顔をしていると、毎日の汚れがたまって古い角質が、増え、毛穴にたまり次第に詰まってしまい、そして皮脂が出れなくなって白にきびが出来てしまいます。


白にきびができてしまったという場合には、悪化しないためにも自然に治るのを待つのが一番です。


白にきびは中に芯を持っているので、潰して出してしまいたいと思っている人が多いですが、つぶれた部分から菌が入って化膿する可能性もありますので、絶対につぶしてはいけません。


一般的に、白にきびは悪化しなければ、そのまま自然におさまっていくとされていますので、生活習慣の見直しや食生活の栄養バランスの見直しをすると同時に、ストレスをためない、規則正しい生活をすれば自然に治ります。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび