洗顔

にきびをケアするためには正しい洗顔方法を身につけることが大切です。


ではにきびをケアするための正しい洗顔方法としてはどうすればいいのでしょうか。


ここで正しいにきびケアのための洗顔方法について紹介していきたいと思います。


まず洗顔前には、蒸しタオルを用意して、顔にのせて、顔の毛穴を開かせることが大切です。


お風呂に入っている際の洗顔については、毛穴が既に開いている状態ですので、蒸しタオルは必要ありません。


朝に洗顔をする前には、蒸しタオルをしてから行うのが、正しいにきび洗顔の方法になります。


そして洗顔フォームや石鹸を泡立てる場合には、泡立てネットなどを利用して、よく泡立てましょう。


洗顔料はチューブから出してそのまま塗るのではなくて、泡立てて泡で包み込むような形で洗うことが大切です。


ごしごしこすらずに泡で洗う、そしてしっかりと泡がなくなるまですすぐこと、それが正しい洗顔方法です。


すすぎは本当に丁寧に行いましょう。


すすぎが十分に行われていなければ、それがにきびの原因になっていることもありますので注意が必要です。


そしてタオルで顔を拭く際には、ゴシゴシふくのではなくて、にきび肌にダメージを与えないように、タオルを顔に押し当てて、どちらかといば、水分をタオルに吸わせるといった方法で顔を拭くようにしましょう。


これで正しいにきび肌の洗顔方法になります。


これを朝晩1日2回続けることで、にきびをケアしてにきび知らずの肌に導くことができます。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび