にきびが出来てしまった場合に膿が出る人もいますがこれはかなり、重症化していることですので、十分に注意が必要です。


にきびが出来た場合の膿の成分はなんなのか、それは一般的には、血液の中に含まれている白血球と、最近が戦いをして出来たものといわれています。


にきびというのはそもそも、皮脂や古い角質がつかることで、毛穴にきんが入ってしまって炎症を起こすことでにきびになります。


炎症が起きているということは、毛穴の中で白血球と細菌は闘っているのです。


にきびを潰して出る膿は膿包と呼ばれています。


にきびが出来た際に、膿が出るほど放っておくというのはあまりいいことではありませんので、できるだけそこまでに至らない経緯でにきびを対処することが大切です。


無理やり、にきびを潰して、膿を出してしまった場合には、にきび跡につながりますので、十分に注意しましょう。


にきびをつぶすさいに、爪を使って皮膚を傷つけると、皮膚にもダメージが与えられますが、それだけではなく、爪の中にある雑菌が傷つけた部分に入り、にきびの患部がさらに悪化することにもつながります。


膿をもっているにきびが出来てしまったら、早めに皮膚科へ行くなどして、対処することが必要です。


つぶさないことが大切で、万が一つぶれてしまった場合には、薬を塗るか消毒をするなどしなければ、放っておくと毛穴が開いたままでそこに汚れが入ると悪化することにつながりますので、十分に注意しましょう。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31075014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック