オロナイン

オロナインと言えば軟膏ですが、色々なことに使うことが出来る薬として、昔から知られています。


たとえばアカギレや霜焼け、やけどなどにも効果があるといわれていますが、オロナインの効能の中にはにきびとも書かれていますから、にきび治療にも効果的なのです。


ニキビというのはそもそもアクネ菌が肌に増殖して起きてしまうのですが、オロナインを塗ることで、肌の炎症を鎮めてくれる効果があります。


しかしにきびの種類によってはオロナインが効果がない場合もあります。


なぜなら、にきびの原因は色々とあり、オロナインでも効果が出ない原因もあるからです。


例えばいくらにきびに、オロナインを塗っていても、生活習慣の乱れが原因のにきびや、食生活の栄養バランスが原因で起きているにきびの場合にはいくらオロナインをぬっても、治らないと思います。


また顔全体に重度のにきびが広がってしまって、どうしようもないような場合には、オロナインは市販の薬で成分はそれほど強くありませんので、手遅れになると思います。


オロナインはできはじめのにきびや、症状のひどくないにきびに効果的ですから、その点をよく理解したうえで、利用するようにしましょう。


オロナインをにきびに塗る際に、たっぷりと塗っているという人もいますが、正しい塗り方としては、少量を薄くにきびに伸ばすくらいがいいでしょう。


塗りすぎは、毛穴をふさいでしまいますから、にきびを余計に悪化させてしまいます。

posted by にきび本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30894487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック